彼女を癒す話の聞き方「同調」とは?

仕事に疲れてしまっている時、彼氏が癒してくれたら嬉しいですが、逆にこんなことをされたら嫌だということ、女の子の視点ではどんなことが疲れているのに癒してもらえない「嫌なこと」なのでしょうか。
女性は仕事の悩みや疲れを話すかもしれません。
たいてい愚痴なのですが、そういった相談や愚痴を言われた時に男性はどう対応するのがベストなのでしょうか。
まず女性としては遮らず話を聞いて欲しいものです。
とりあえずしゃべりたい、話を聞いて!という時に遮られて別の話題にいかれたり、強引に話を終了されられたら癒されるどころかイライラしてしまう可能性もあります。
次にいやなのは、自分の経験話を語りだす男性でしょうね。
今は話を聞いて同調してほしいので、パートナーであっても自分以外の人の話を例に出してアレコレ言われるのは気分がよろしくないようです。
また、これに付随する傾向として、説教やポエムです。
自分語りになったり長い話をしてくることは、疲れている女性には受け入れがたいものです。
女性の愚痴は、社会の第一線で頑張っている世の男性からしたら、甘く間違っている場合も多いです。
だいたいが愚痴などで女性が悪い場合や甘いことを言ってるので、それに対して「いや。
それはちがう」と思うのは間違いではないのです。
しかし、話を聞いて欲しい、自分を肯定してほしいという気持ちが強い状態なので、説教したりせずに同調してあげるのが良いでしょう。
同調してあげることで、彼女は気持ちが満たされるのです。

コメントは受け付けていません。