恋愛小説「初恋」その1

古典文学と言えば、作者として有名なツルゲーネフ。
みなさん、本は知らないけれど、名前だけは知っているかもしれませんね。
彼の作品で「初恋」と言う恋愛小説があり、これはとても有名です。
確かに古臭い言葉が使われていますから、若い人が気軽に読める恋愛小説ではありません。
私がこの作品を知ったのは、学生時代でした。
高校の読書感想文を書く宿題に出された作品でしたから、その時、初めて知りました。
他にもツルゲーネフの「初恋」の読書感想文を宿題にした学校もあったでしょう。
このロシア文学を私は高校生の夏休みに初めて読みました。
当時はあまりピンと来ずに、理解していなかったと思います。
10代のころは愛だ、恋だと、騒ぐだけ騒いでいて、本当の愛を知らないころでしたからね。
では、この「初恋」と言う作品はどのようなストーリーなのでしょうか?
「初恋」のストーリーですが、成熟期である紳士たちが、それぞれの初恋を語ります。
日本で言えば、飲み会の後、二次会でちょっと深い話になることもあるでしょう。
また、ピロートークと言う言葉もあるように、旅行先などで、友達と寝入りばなに深い話をすることもありますよね。
まあ、そんな感じだと思って頂ければ良いでしょう。
順番に紳士たちの初恋が語られました。
ある紳士は、昔、手帳に書き込んだことをそのまま読むと言いました。
話が苦手だからと言う理由でしたが、友人たちは、手帳を読むのではなく、ちゃんと話すように言いました。
ですが、紳士はそれに従いませんでした。
その2週間後、再び会った友人たちは、その時に彼の手帳を読むことになりました。

コメントは受け付けていません。