恋愛小説の題材についてその1

    みなさんは恋愛小説がお好きですか?
    「小説は好きだが恋愛小説は読まない」と言う人もいれば、反対に「小説はあまり読まないが恋愛小説だけは読む」と言う方もいるでしょう。
    小説と言うと、難しくてとっつきにくい感じがしますが、どちらかと言うと恋愛小説のほうが、親しみ易いのかもしれません。
    一生一代のロマンスもあれば、その辺に転がっているような身近な恋の物語もあるでしょう。
    奇跡的なロマンスが描かれた恋愛小説があれば、人々は憧れの気持ちを抱きながら読みます。
    また、身近な恋物語が描かれたものは、自分と重ね合わせて読むでしょう。
    このように、恋愛小説はそのストーリーによって楽しみ方があると言えます。
    では、この恋愛小説における一般的なストーリーについてお話しましょう。
    物語の筋書きとなるものにはどんなものがあるでしょうか?
    まず、恋愛小説と言えば、「叶わぬ恋」をテーマにしたものがありますよね。
    実らない場合、当事者はとても切ない思いをします。
    切ない恋愛小説を読み、感情移入することで、恋愛の疑似体験をしていることになるのです
    自分がその主人公のような気持ちになり、一緒に悲しい思いを共有すると言うわけです。
    「叶わぬ恋」とは、誰かを好きになったが、その人は結婚している、他に好きな人がいる、など、自分の想いが叶わないときです。
    片思いと一言で言ってしまえばそれまでですが、複雑で切ない心情が描かれた作品には感情移入する方も多いでしょう。

      コメントは受け付けていません。