抜け道の見つけ方(1)

    街中や観光地など、交通渋滞する場所はたいてい決まっています。でも、目的地へのルートが1つしかない、ということはめったにないでしょう。思い切って渋滞から離れて、抜け道を見つけてみましょう。
    高速道路の本線は順調に流れているのに、観光名所の玄関口となるインターチェンジに渋滞が発生していることはよくあります。このような場合は、そのインターチェンジを避けて違うところで降りて、目的地へ一般道を利用して向かったほうが早いこともあります。
    観光名所へ行く場合は、ルート沿いにたいてい案内看板が立てられているので、ほとんどのドライバーはその案内に従って目的地へ向かうと思います。ところが、それによって交通渋滞が発生してしまうこともあります。案内看板とは、その場所を訪れる人にとって最もわかりやすく、その地域の交通にとっても最適な道を案内しているので、実際のところ、そのルートが最短であるとは限らないのです。一度、看板で案内しているルートを地図で見て、どのようなルートなのかを確認してみてください。もっと近道があることも多いです。
    大きな川沿いに国道が通っている場合は、山間部はともかく、人家がある程度存在するところなら、別の道が対岸に並行して通っていることも多いです。極端に狭い道では困りますが、長い交通渋滞が続いている時は、対岸に道がないかを地図で探すのも1つの手段です。イライラしながら渋滞している国道をゆっくりと走行するより、うまくいけば30分以上早く通り抜けることができるかもしれません。

      コメントは受け付けていません。