抜け道の見つけ方(2)

    旧街道沿いにある国道や、観光名所の有料道路は、一般道の交通渋滞を緩和して、交通環境を改善するためにのバイパスですが、現在では、バイパスのほうが混み合っていることが多いです。しばらく先が渋滞しているようなら、旧道が通れるか確認してみてください。ただし、このような旧道を走行する場合は、地元の人たちのための“生活道路”であることを忘れないようにしましょう。走行の際は、速度を落として、歩行者をよく確認して走りましょう。また、市街地で下手に旧道へ入ると、非常に時間がかかってしまうこともあります。逆に、山間部では、道の整備がされておらず、危険な場所もあるので注意しましょう。
    広域の農道は、景色の良い山腹を開拓して作られているところもあり、とても走りやすくなっています。広域農道が並行していないかを地図で見て、あったらちょっと遠回りになっても走ってみましょう。信号がほとんどなく車の量も少ないので、快適に走れるはずです。広域農道を見つけるには、カーナビよりもドライブマップのほうがわかりやすいです。
    実際には、よっぽどの渋滞ではない限り、高速道路よりも早く到着できる道などめったにありません。でも、ドライブとは、自宅を出発してから帰宅するまでが楽しみだと思います。移動時間ずっとイライラしていては、せっかくのお出かけも楽しくないでしょう。交通渋滞が激しい高速道路を降りて走行していると、面白い店を偶然見つけたり、国道から抜け出し山道を走行していると、かわいい動物に遭遇したりするのも楽しみだと思います。スピードばかり気にして抜け道を見つけるのではなく、寄り道する気分でゆたりをもって安全運転をしてください。

      コメントは受け付けていません。