料理でコラーゲンを取るその2

手羽先のカラアゲは、美味しくて簡単なコラーゲンレシピなのですが、注意しなければならないこともあります。
油で揚げてあることと、手羽先はカロリーも高いことで、美味しくても食べすぎてしまうことは、高カロリーを摂取することになります。
せっかくコラーゲンで、肌が美しくなり、若返ったとしても、肥満に繋がることは避けたいですね。
野菜をたっぷりと添えて、そちらでおなかがいっぱいになるように工夫しましょう。
では、次に、同じく手羽先を使用した簡単なコラーゲンレシピをご紹介します。
「手羽先の煮込み」です。
フライパンに手羽先をいれ、こんがり色が付くまで炒め焼きします。
次に、酒、だし、水を入れます。
そして、砂糖、みりん、しょうゆを入れます。
目安は、手羽先がすっぽり汁に埋まるくらいです。
味見をしながら、甘辛く自分のお好みに調整します。
味付けが終わったら、汁が半分ぐらいになくなるまで煮ます。
一緒にゆで卵を煮ても味がしみて美味しいですよ。
パパのおつまみにもなる一品ですから、どうぞお試しくださいね。
我が家ではこの煮汁を別にして、とっておきます。
これが冷めると、みごとなゼリー状になっていて、コラーゲンが溶け出していることが良くわかります。
この手羽先の煮つけを作った後は、それをお湯で溶かしてコラーゲンスープを飲んでいます。
味も付いていますからお湯で割るだけで飲むことが出来ますよ。
フラパンで作るのは炒めた手羽先をそのまま煮込むと、フライパン1つで出来るからです。
汁がなくなってきたときに、からめやすくなるためでもあります。

コメントは受け付けていません。