料理でコラーゲンを取るその3

ご紹介したレシピは手羽先を使って、そのコラーゲンを取ろうという料理ですが、コラーゲンそのものが料理になっているものもあります。
コラーゲンがそのままお刺身になっている料理をご存知でしょうか?
その名も「刺身コラーゲン」です。
なんだかすごく効きそうな食べ物ですが、刺身コラーゲンとはどんな食べ物なのでしょうか?
これは、コラーゲンを原料にし、加工した新しい食材です。
それを切って、お刺身のように食します。
まだ、あまり一般には知られていないようですが、マスコミで取り上げられたこともあるようです。
魚の街、静岡県焼津市の「エコテック」が開発した食べ物です。
この会社はフィッシュコラーゲンを原料として、刺身コラーゲンを開発しました。
フィッシュコラーゲンとは、マグロなどの魚のうろこ、または皮から抽出したもので、うれしいことに添加物は一切入っていません。
添加物が入っていないことで、安心して食べることが出来ますよね。
では、この刺身コラーゲン、実際に食べてみた人の感想はどのようなものでしょうか?
棒状の型で固めますと、マグロの刺身のような形になります。
食感もぷりぷりとしていています。
そして口に入れるととろける感覚だそうです。
フィッシュコラーゲンですから、魚臭かったり、生臭かったりするのでは?と心配な人もいらっしゃるでしょう。
ですが、無味であり、臭いはありません。
熱を加えると溶けてしまいますが、この点を注意すれば、そのまま、お刺身として食べる以外にもいろいろ用途がありそうですね。

コメントは受け付けていません。