旧泉質名について

    年配の方などは、昭和54年以前のいわゆる「旧泉質名」のほうが馴染みが深いという方もおられると思います。
    そういったことを考慮してか、温泉分析書には旧泉質名も併記するよう、環境省も指導しているようです。
    旧泉質名は、大きく分けて次のような種類があります。
    ◆単純温泉
    含まれる温泉成分の少ない温泉です。
    お湯が柔らかく刺激が少ないお湯が多く、名湯とされるものに多い泉質となっています。
    ◆食塩泉
    塩分を多く含む温泉で、含有量によって強食塩泉、弱食塩泉とに分けられます。
    ◆重曹泉
    重曹成分を多く含むアルカリ性の温泉です。
    ◆単純炭酸泉
    遊離炭酸を多く含む温泉です。
    ◆硫酸塩泉
    硫酸イオンを陰イオンとし、陽イオンの種類でさらに分類されます。
    苦味のあるお湯のため「苦味泉」ともいいます。
    ・芒硝泉-ナトリウムイオン
    ・石膏泉-カルシウムイオン
    ・正苦味泉-マグネシウムイオン
    ◆鉄泉
    鉄分のイオンを主な陽イオンとし、陰イオンの種類により含まれる成分が変わります。
    ・炭酸鉄泉-重炭酸第一鉄
    ・緑礬泉-硫化鉄
    ◆硫黄泉
    硫黄を多く含み、炭酸ガスや硫化水素の含有の有無によって、単純硫黄泉と単純硫化水素泉に分類されます。
    ◆重炭酸土類泉
    重炭酸カルシウム、重炭酸マグネシウムなどを含む温泉です。
    ◆明礬泉
    陰イオンとして硫酸イオンを、陽イオンとして主にアルミニウムイオンを含みます。
    純粋な明礬泉は少なく、酸性緑礬泉が多くなります。
    ◆酸性泉
    水素イオンを多く含む温泉です。
    さらに酸性明礬泉、酸性緑礬泉に分類されます。
    ◆放射能泉
    ラドンを多く含む温泉で、ラジウム泉とも呼ばれます。

      コメントは受け付けていません。