映画「恋愛小説家」その4

「恋愛小説家」と言う映画の中で、私が好きなシーンについてお話している続きです。
もちろん、ドレスアップとまでは行きませんが彼女なりに、がんばっておしゃれをしてきたと思います。
それなのに彼女を見た瞬間、主人公は「なんで普段着なの?」みたいなことを言うのです。
デートなのに、こんなことを言うなんて、普通じゃ考えられませんよね?
当然、キャロルは怒ります。
すると、主人公も「しまった!」と気が付きます。
これで、せっかくのデートも中止かなと主人公も思うわけです。
私も、「ああ、せっかくのデートなのに、これで終わりだ!」と思いました。
すると、怒っていたはずのキャロルがこう言ったのです
「私が、10数えるうちに、気分が直るようなことを言って!」と。
ですが、この台詞、正確には「10数えるうちに」だったか、「30秒以内に」だったか、忘れてしまいましたが、そんな風なニュアンスだったと記憶しています。
すると、主人公も反省し、「きれいだよ」とか何とか、褒め台詞を言いました。
普通なら怒って帰宅してしまうところを、キャロルはリベンジをさせてくれたのです。
これってすごいことだと思いませんか?
自分の怒りを殺して、相手が反省していることを理解してあげ、「もう一回チャンスを与えた」と言うことですからね。
私は女性としてこの時の彼女を尊敬します。
そして、自分も他人にけなされて、腹が立ったときには、彼女の真似をしています。
「あ!それ傷ついた!30秒以内に気分が良くなるようなことを言って!」と言うようにしています。
「恋愛小説家」と言う映画を見て、私なりに一番勉強になったことがこのエピソードだと思います。

コメントは受け付けていません。