最近のモバイルの傾向

    モバイル機器の普及によって、いつでもどこでもインターネットに接続できるようになりました。
    これは技術の進歩によってある程度予想されていたことです。
    現在の規格はwifiと呼ばれている規格です。
    このwifiは特別な機能があるわけではなく、有線LANを無線化するために必要な機能を備えた他の規格と比較して特別ではないのです。
    しかし、すでに世界中でシェアの中では断トツ状態となっているため、モバイル機器を購入する時にwifi対応でなければ比較の対象にもなりません。
    これからの無線LANはどうなっていくのでしょうか。
    現在のスピードがさらに向上することは間違いないとしても、それ以外のサービスはそれぞれのプロバイダが提供するものです。
    プロバイダの考え方によってサービス内容は変わります。
    格安wifiと呼ばれているのはサービスよりも低価格を売りにしています。
    それはそれで問題ありません。
    保証内容やセキュリティなどを気にしない人は価格だけを比較しているからです。
    それぞれのユーザーの要求を満足できるプロバイダ選びを心がけましょう。
    インターネットの比較サイトを見ると、一定の条件でランキングされています。
    そのランキングが自分の希望なのかを確認することです。
    モバイルの意味を知らなくてもスマホを利用することはできます。
    wifiのこともどうでもいいのです。
    それでも、プロバイダの宣伝では専門用語がたくさん登場します。
    消費者は本質的なことではなく、表面的なことだけを見て判断しているのです。

      コメントは受け付けていません。