様々な分野に使われているコラーゲン続き

世界中で作られたコラーゲンは、ヨーロッパで一番、消費されます。
その割合がコラーゲン産出量の45パーセントですから、ほぼ半分ということですね。
そして、次に北米、アジア、そして南米、その他の地域と言う順番で消費されます。
日本国内においては、コラーゲン販売量が年間約2万トンです。
そのうち食用となるコラーゲンは4割くらいです。
後は、写真、工業用、医薬用となります。
食用が4割とは少ないですよね。
お肌のためにも、どんどんコラーゲンを日本人も食べないといけませんね。
医療でコラーゲンが使われることは皆さん、ご存知ですよね?
例えば、お医者さんが処方してくれるコラーゲンには、その吸収が良くなるようにビタミンCも配合されています。
また、骨粗しょう症を予防するために、コラーゲンに他の成分が入ったものもあります。
病院に行くと処方してくれます。
これらのコラーゲンを医療用コラーゲンと言います。
また、眼科でも処方してくれます。
そして、コラーゲンは皮膚科などの医療機関での治療に使われています。
例えば、コラーゲンを注入する療法がありますよね。
動物性コラーゲンを直接、シワに注入する方法です。
コラーゲンが注入されたことによって、しわが盛り上がり、目立たなくなります。
完全になくなるわけではありません。
手軽で、痛みも少なく、人気の美容療法です。
アンチエイジングは女性なら、誰しも興味があることでしょう。
他にも、美容療法の注入剤として使われているものは、合成ヒアルロン酸、ヒト型コラーゲンなどです。

コメントは受け付けていません。