毎年混雑する「阪急百貨店」の初売り

    初売りや福袋の販売の時期は、どの百貨店やデパートも戦場のように、人が押し寄せます。「阪急百貨店」も激戦区の1つとして、初売りにはかなり多くの人が集まります。阪急百貨店は“西の王者”と呼ばれるほど人気があり、東京にも勢力を広げてきています。
    阪急百貨店の初売りセール「クリアランスセール」と福袋の販売は、例年、1月1日の元旦は閉館のため、2017年も1月2日から開始されると予想されます。 また、福袋の販売は、初売りで特に混雑するので、お目当ての福袋をゲットしたいのなら、開店前から並ばないといけないでしょう。大阪にある阪急百貨店うめだ本店では、開店する前から7000人もの人が行列を作るほどです。2017年もそれくらいの行列ができると思います。
    でも、すべてのお店で開店前から並ばないと買えない、というわけではないので、開店してから1時間以内ならば、だいたいのものは買えるでしょう。ただ、人気のショップやお得な福袋だと、日の出前に並ばないと手に入らないこともあるようです。
    また、福岡などの地方の店舗では、車で行く人が多いので、開店前くらいから駐車場がいっぱいになったり、周辺道路が渋滞したりすることも予想されます。そのため、公共交通機関を利用して行ったり、かなり早めに到着したりするなど、十分準備をしておく必要があります。
    阪急百貨店は全国に展開しており、初売りの混雑具合は地域によって差がありますが、どの店舗も行列ができるくらい混雑することに変わりはありません。2017年の初売りも激戦になることは覚悟して、できる限りの情報を集めて臨んでください。

      コメントは受け付けていません。