渋滞中の楽しみ方

子ども連れのドライブの大敵は“交通渋滞”です。学校が休みになる夏休みや連休などは、交通渋滞が全国的に発生する時期で、避けて通ることは難しいでしょう。自家用車でのお出かけは一見便利そうですが、渋滞が長く続くと、子どもたちは狭い車内で身動きができなくて辛いと思います。運転手のお父さんやお母さんも、ついイライラしてしまい、車内の空気は重苦しくなることもあります。そんな時に役立つアイテムを紹介します。
子どもを飽きさせないための対策として、カーナビに内蔵されたテレビやDVDプレーヤーで映像を楽しんだり、車のオーディオでCDやMDを流して歌ったりする家族が多いではないでしょうか。みんなで歌える歌や、お気に入りのお話が良いでしょう。DVDは、事前に「ドライブする時に車の中で見ようね!」と、お楽しみとしてとっておくと、飽きないで楽しめるでしょう。
ポータブルゲームや、携帯ゲームアプリで遊ばせている人も多いと思いますが、旅をより楽しむには「地図」がおすすめです。あとどれくらいで目的地に着くか、日本のどの辺か、海・山の近く、などまだ字を読むことができない子でも理解できるものです。また、地図に興味が出てきて、ちょっとしたお勉強になりますよ。
赤ちゃんの場合は、ガラガラや鈴の付いたおもちゃなどの音が鳴るおもちゃや、車内に吊る下げられるおもちゃを用意すると良いでしょう。
また、100円ショップでは、さまざまなおもちゃが販売されています。乗り物酔いが心配でなければ、ホワイトボードでお絵かきをしたり、おりがみをしたりすると良いでしょう。タンバリンやマラカス、鈴などがあれば、CDの曲に合わせて家族で合奏をすれば、子どもたちは大喜びです。まだまだ100円ショップには楽しいおもちゃがたくさんあります。また、やはりその安さに惹かれますよね。ドライブの前に、子どもさんと一緒にお買い物するのも、ひとつの楽しみになります。

コメントは受け付けていません。