温泉入浴指導員について

    厚生労働省により平成15年に制定された資格で、厚生労働大臣が認定する「温泉利用プログラム型健康増進施設」では、温泉入浴指導員の常時1名以上の配置が義務付けられています。
    このことからもわかるように、温泉入浴指導員には、温泉や入浴方法についての専門的な知識だけでなく、健康づくりのための指導や、温泉施設の安全のための管理、温泉施設従業員に対する安全管理や救急処置などの研修の実施なども要求されることになります。
    資格を取得するには、財団法人日本健康開発財団が実施する養成講習会を受講しなくてはなりません。
    講習会は2日間にわたり、講習内容は「健康学(健康増進医学の基礎)」、「温熱生理学(温泉環境と健康)」、「温泉医学(温泉医学総論・各論)」、「リハビリテーション医学」、「入浴プログラム指導実習」の5科目です。
    また、これと同時に、消防本部による「普通救命講習」の受講、救命技術の認定も必要となります。
    救命講習では、救急法、心肺蘇生法、AED(自動対外式除細動器)による心臓除細動処置についての実習が行なわれます。
    講習受講後、資格認定試験に合格すると、資格を取得することができます。
    これらの講習の受講資格は不要となっており、誰でも受講することが出来ます。
    尚、「温泉利用プログラム型健康増進施設」は、病気を治すための温泉療養ではなく、健康増進のための温泉利用に対応可能な施設のことで、平成21年10月現在、33施設が認定されています。

      コメントは受け付けていません。