温泉法について-温泉の定義

ここでは、温泉法に掲げられている「温泉の定義」について、みてみましょう。
温泉法の第1章第2条では、温泉を、【地中から湧出する温水、鉱水、水蒸気その他のガス(炭化水素が主成分となる天然ガスは除く)】であることに加えて、以下の条件にどちらかに当てはまるものと定義しています。
◆温泉源から採取される際の温度が、摂氏25度以上であること
◆以下の19種類の物質が一つ以上、1kg中に規定量以上に含まれること
1.溶存物質(ガス性のものを除いて)総量1000mg以上
2.遊離炭酸250mg以上
3.リチウムイオン1mg以上
4.ストロンチウムイオン10mg以上
5.バリウムイオン5mg以上
6.フェロ又はフェリイオン10mg以上
7.第一マンガンイオン10mg以上
8.水素イオン1mg以上
9.臭素イオン5mg以上
10.沃素イオン1mg以上
11.フッ素イオン2mg以上
12.ヒ酸水素イオン1.3mg以上
13.メタ亜ひ酸1mg以上
14.総硫黄1mg以上
15.メタホウ酸5mg以上
16.メタけい酸50mg以上
17.重炭酸ソーダ340mg以上
18.ラドン20×10-10Ci以上
19.ラジウム塩1億分の1mg以上
わかりやすく言い換えますと、地中から湧出する時の温度が25度以上の「お湯」であれば無条件に「温泉」であり、また、19種類の物質のうち一つでも含まれれば、気温以下の冷たい温度でも、「温泉」となります。
こうして書き直したものをご覧になって、意外に思われた方は多いのではないでしょうか。
温泉成分の含まれない場合でも、水温が25度以上あれば温泉とされるならば、「大きな湯船のある入浴施設」を「温泉」としてきた考え方も、あながち間違いではないということですね。

コメントは受け付けていません。