熱中症としての事故

毎年ニュースで熱中症による死亡者が起きているのを良く聞きますよね。この「熱中症」と言う症状、最近よく取り上げられて来たようですが、まだまだ曖昧な知識の人が多い様です。年々地球温暖化は進んできており、今後もますます暑くなる事が予想されます。この為に、熱中症になる人も増えてくると予想されるので、確実な知識を持っておきたいものです。
では、熱中症による事故にはどんなケースが有ったのでしょうか。特に多いのは小学生や中学生、高校生等の学生です。クラブ活動や海辺等のアウトドアの遊び等で症状を引き起こすケースが多い様です。また成人の人に至っても外回り等の仕事中、または休み中の外での遊びで症状を引き起こすケースが多い様です。乳幼児の場合は身体が未発達の為に熱中症になる可能性が高いと言えますが、この場合は親がしっかりと管理する事で予防する事が可能です。しかし小学生以降、子供が大きくなると全て管理する事も難しくなってきます。こう言った場合は学校等でも意識して管理してもらう事が大切となってくると思うのです。
また高齢者の場合、屋外ではなくて屋内に置いての熱中症事故が多発しています。高齢者の場合はクーラーが苦手だと暑くても我慢したり、水分を取らなくなったりしている場合が多いです。暑いと言う事や喉が渇いていると言う事も、若い人よりは感じにくくなっている傾向になります。その為に知らない内に熱中症になっていると言う事も少なくないのです。一緒に暮らしている場合は水分を小まめに摂る様に気を付けてあげて下さい。

コメントは受け付けていません。