熱中症の治療方法

とにかく身体を冷やす事と塩分が適度に含まれた水分を補給する事、これが熱中症の症状を起こした場合に有効的な応急処置だと言われています。しかし、熱中症の症状が重く意識不明になっていたり、体温が40度を超えていたりする場合は、応急処置だけ行っても効果がさほど有りません。病院に連れて行って治療を行う必要が有ります。そうじゃなければ死んでしまう可能性もあるのです。では病院に連れて行った場合、病院ではどういう治療を行うのでしょうか。
先ず病院では熱中症の症状がどんな物なのか種類とその状態を判断します。体温を測り、血圧や脈を取り、身体の状態をチェックしていきます。これで判断出来ないとしたら血液や尿の検査等が行われます。更にCTやMRIを行う場合も有るそうです。こうした検査を終えて熱中症の症状を判断したらやっと治療に入ります。先ずは点滴を行って弱った体力を回復させていきます。しかし、それだけじゃ駄目な場合は酸素や昇圧剤を投与したりしてとにかく体力の回復に努めていくそうです。熱中症は状態が悪いと体力を回復させる為に物凄い時間がかかります。その分治療も大変な物になります。小さいお子様や高齢者の方の場合は体力自体が余り無いので回復も更に時間がかかる物になるでしょう。
熱中症は甘く見てはいけません。真夏の暑い日なんかで自分の体調がすぐれないと感じたり、一緒にいる人の様子がおかしいと思ったら直ぐに病院に行く様にしましょう。

コメントは受け付けていません。