熱中症の症状にはどんな物が有るのでしょうか

夏になるとニュース等で良く耳にする事が多くなる「熱中症」。良く聞く言葉ですけど、実際にどんな症状が熱中症の症状なのか知らない人も多いのではないでしょうか。そこでここでは熱中症になったらどんな症状が出るのか挙げてみたいと思いますので、夏に海や山等アウトドアをする予定が有る人なんかは特に参考にしてみて下さい。
【熱失神】
熱失神の場合ですと、名前の通り失神を起こしたり、目眩を起こしたりします。この時顔色は顔面蒼白ですし、血圧も低下していますので注意して下さい。
【熱疲労】
熱疲労の場合ですと、脱水症状を起こしている可能性が有ります。この為に頭痛や吐き気と言った症状が起こります。
【熱痙攣】
熱痙攣の場合ですと、脱水症状を起こしている可能性が有り、水分が体内に足りない状況になっています。この為、血液中の塩分も不足してしまう様になり、手足、腹部などに痛みが伴う痙攣が起きると言う症状が出ます。
【熱射病】
熱射病または日射病とも言います。この症状の時は体温がかなり上がっている事が予想されます。この状態が続くと意識障害になってしまう事も有る為、最悪の場合、死に至るケースも有るようです。
上記の他にも軽い状態の熱中症にかかってしまう場合も考えられます。脈拍が速くなったり、顔色が青くなったり、手足や腹部が痙攣したり、少しだけでも失神したりする事が考えられます。症状が重くなるほど熱中症としても重くなっていますので、早めに病院に行く事をオススメします。

コメントは受け付けていません。