熱中症の種類

熱中症と言うのは1つの症状の事を指しているのでは有りません。「熱射病」「熱疲労」「熱失神」「熱痙攣」と言った4つ全ての事を総称して「熱中症」と呼んでいるのです。熱中症の中でも一番怖い症状が「熱射病」になるそうです。以下に4つの症状の特徴を挙げてみたいと思います。
【熱射病】
俗に日射病とも呼ばれています。結構名前を聞く症状ですので軽く見られがちですが、病院で手当てを早めにしないと駄目な症状です。体温調節のバランスが崩れると言うレベルではなく中枢機能自体が麻痺してしまうので、体温が40度以上になってしまったり、汗もかけなくなったりしてしまいます。そうなると吐き気、頭痛、意識消失、言動の乱れと言った症状が出てきて、最悪の場合死亡してしまう事も多い様なのです。熱中症の中では死亡率が最も高い症状と言われています。
【熱疲労】
この症状は身体が水分不足に陥った時、脱水症状を引き起こしたり血圧の低下を引き起こしたりする事によって、頭痛や吐き気、だるさと言った熱中症特有の症状を引き起こしてしまう症状の事です。
【熱失神】
この症状は直射日光がきつい場所、高温多湿の屋内において活動を長時間していた場合、身体が急激に温まってしまい末梢血管が拡張してしまいます。それにより血圧が下がったり、目眩といった症状を引き起こしてしまったり、最悪失神してしまう症状の事です。
【熱けいれん】
夏の暑い時に大量発汗したとします。この時よく言われるのが水分補給ですが、お水ばかりで塩分を取らない場合に起こる症状となっています。場合によっては、お腹やふくらはぎにある筋肉が傷んだり痙攣したりしてしまう症状なのです。

コメントは受け付けていません。