熱中症を予防する8つのポイント1

財団法人日本体育協会が熱中症の事故を少しでも減らす為に、「スポーツ活動中の熱中症予防8ヶ条」なる物を出している事をご存知でしょうか。熱中症はなるべく環境においてなってしまいます。つまり予防する事で充分に避けられる病気なのです。
【知って防ごう熱中症】
熱中症には症状の軽い順から、熱失神、熱疲労、熱けいれん、熱射病と言う4つの症状に分ける事が出来ます。このそれぞれの特徴や症状をよく知っておく事で、自分や他人に起こった症状が熱中症であるかどうか判断を付ける事が出来るのです。特にスポーツにおいては、熱疲労と熱射病に注意しましょう。
【あわてるな、されど急ごう救急処置】
熱中症には症状が重い場合と軽い場合が有ります。軽い場合や重い場合でも発症したら応急処置をしてあげる事も大切になります。放っておくと重症化してしまう可能性も出てきます。熱中症になった場合は病院に診てもらう方が安心かと思いますが、それまでは応急処置で涼しい所に移動したり、身体を冷やしたり、お水を飲ませたりして応急処置をする様にしましょう。
【暑いとき、無理な運動は事故のもと】
暑い時にでも運動をする事は有ると思いますが、無理に運動を続けてはいけません。その時の状況をよく分析し、高温多湿の場合は適度な休息と水分補給をしながら行う等、無理をしない様に運動をしましょう。無理すると熱中症の症状を引き起こしてしまうかもしれませんよまた、ランニングも朝やれば大丈夫と言ってやっている人もいますが、朝の涼しい内だからこと無理をせずに、日によって走る時間を変える等していきましょう。

コメントは受け付けていません。