熱中症を引き起こすケース

真夏や梅雨など暑い時には熱中症の症状を引き出すんじゃないかと心配する人も多いかと思います。確かに梅雨が明けた後はかなり暑いですよね。気温だけでいっても30度を超えているのは当たり前で、33度~35度なんかになる日も有ります。このあたりになると熱中症が増加してくると言われているのです。また、最近の日本は気温の上昇が厳しく、36度を超えている地域も有ります。気温が36度を超えると言う事は人間の体温を上回ると言う事になります。そうなると体温調節バランスがおかしくなり、熱中症になってしまう人が増えて最悪死亡してしまうと言うケースが出てくるそうなのです。
今では暑いのは関東より南の地方だけでは有りません。北海道や東北等でも熱中症になる人が増えてきているらしいのです。暑さが当たり前と言われている関東地方より南に住んでいる人達の場合、暑さには慣れている事も有りますから多少の順応性が有るとは思います。しかし基本的に涼しい地方に住んでいる方の場合、暑さには慣れていませんので真夏日が急に訪れてしまうと熱中症の症状を引き起こしてしまう可能性が高くなるのです。
また、熱中症の症状は外が暑いから起こると言う事だけでは有りません。身体の内側から暑くなってしまった場合も引き起こしてしまう可能性が有るのです。体温調節バランスがおかしくなってしまっているとき、室内で有っても運動をしたとします。湿度が有る所の場合、汗をかいても蒸発はしにくいですよね。そうなると体外に熱が放出されないで体内にこもってしまうのです。そう言った場合にも熱中症になってしまう可能性が有るという事になります。

コメントは受け付けていません。