犬も熱中症になる

人間ばかりが熱中症になる訳では有りません。犬も熱中症になるらしいのです。人間の場合は症状に応じて色んな対策をすると思うのですが、意外に犬に対する対策をしていない人が多い様です。実際に犬が熱中症になってしまって動物病院に運び込まれるケースが年々増加傾向にあるそうです。
犬は暑さにもともと弱い動物です。その為に熱中症の症状も引き起こしやすいのです。その理由としては身体を覆っている温かな毛に有ります。犬は身体を毛で覆われています。その為に身体に熱がこもりやすくなっているのです。そして熱がこもりやすい上に汗をほとんどかきません。これは犬には汗腺があまり無い事から言えるらしいのですが、汗腺が無いと言う事は汗を発散出来ないと言う事になりますので身体の中にこもった熱を出す事が出来ないのです。犬が体温調節をしているのって舌を出して「ハッハッ」とやっていますよね。あれが体温調節をしているのですが、真夏で暑いとあまり効果を発揮しなくなります。その為に犬は暑さに弱い生き物とされているのです。
ですから家の中で犬を飼っている場合、外出をするのであればエアコンを入れていく等して暑さ対策をしてあげましょう。真夏の暑い時に締め切った部屋でエアコンも入れないとなると人間でもバテてしまいますから、犬ならもっとバテますし最悪死に至る事も有りますので、大切な家族を亡くしたくは無いはずです。ですから犬を飼っている方は熱中症対策をきちんとする様にしましょう。

コメントは受け付けていません。