田舎暮らしと収入続き

田舎暮らしをしながら、サラリーマンをこれからも続ける人は、都会で働いていたころにもらっていた額より、ずっとお給料が下がることになります。
田舎暮らしを考える人は、この収入の減少のことを考えた上で人生設計を立てなければなりません。
例えば、お勤め先が大企業であり、田舎にも支社や関連会社があって、そこへの就職が決まっているなら、田舎暮らしも安心でしょう。
ですが、新しく勤め先を探す人は苦労をすると思います。
望むような職種が田舎にはないでしょうから。
人口が少なければ、求人も少ないと思います。
サラリーマンを辞めて、田舎暮らしを良い機にして、起業する方もいるでしょう。
憧れの蕎麦屋さんをオープンとか、農業を始めるとか、漁師になるとか、自分で仕事を始める人もいらっしゃると思います。
ですが、新たに起業する場合や、初めて経験する職種で働く場合は、軌道に乗るまで収入が安定しないと思いますので、ある程度の貯金も必要でしょう。
収入が不安定だったり、少なくなったりしたときに、使えるお金がないと気持ちまで不安になってしまいます。
田舎暮らしを楽しむためには、ギリギリの生活と言うもの不安なもので、楽しむどころか精神的に不安定になり、ストレスも貯まります。
ですから、のん気に「田舎暮らしを始めてから、仕事を探そう」と思っていてはいけません。
何も仕事が決まらないのに、家族で田舎に引っ越すことは危険です。
それからの収入がなく、生活が維持できなくなってしまうケースもあるからです。
一番良い方法は、田舎暮らしの希望地を選択している最中に、同時に就職口も探すことです。
働き口がない地域に住んでも収入にはなりませんから。

コメントは受け付けていません。