田舎暮らしと病院

田舎暮らしと言うものは、実際に暮らしてみないと、その良さ、不便さがわからないものです。
そうかと言って、田舎暮らしのことを何も知らずに、飛び込んで行くことは向こう見ずですよね。
まず、下調べをすることが大切です。
その際には、田舎暮らしにおいて、どんな良いことが待っているかと言うことより、どんな不便さが待っているかと言うことを、事前に知っておくと良いでしょう。
ほとんどの方は、大自然の中で暮らすことは素晴らしいことだと思っているから、田舎暮らしを求めているのです。
ですから、利点はそれぞれ少なからずわかっているでしょう。
もちろん、実際に生活を始めてみないと、不便なところもわかりません。
暮らして行く上で、様々なケースに遭遇し、不便なところと直面した際に「お!予想の範囲内だ!わかっていたぞ!」と思うことと、「え?そうなの?全く知らなかった!」と思うことはだいぶ違います。
デメリットをある程度、知っていれば、対処法も事前に探せますし、何よりも心の準備が出来ます。
または、そのマイナス面が許容範囲でないのなら、その村、町に住むことも事前に断念できますよね。
また、他の候補地を探すことも出来ます。
ですから、事前にその不便さを知っていたほうが、私は良いと思います。
これから住もうとしている町について、「知らなければよかった」などの思うことはないです。
知っていることが大切です。
例えば、病院の存在はどうでしょうか?
あなたが住みたいと思っている田舎の町には病院があるでしょうか?

コメントは受け付けていません。