田舎暮らしと過疎化

    田舎暮らしと農業を同時に始めたいと思っている方に吉報です。
    農村の過疎化も問題になっている現在、こうして田舎に移り住む人を歓迎している市町村もあります。
    無料で畑を貸してくれたり、格安で家を貸してくれたりと、田舎暮らしを希望する方を対象として、自治体が行っているサービスはいろいろあるようです。
    積極的に農村に人を呼び戻そうと、自治体はあの手この手で、田舎暮らしを応援しているのです。
    このようなサービスを使わない手はありませんから、まずは情報収集してみてはいかがでしょうか。
    お得に田舎暮らしが楽しめたら良いですよね。
    田舎暮らしを始めることと同時に、本格的に農業をやりたいと思っている人は、そのための土地を確保することも大切です。
    農業を始めるためにはその土地がないと始められませんよね。
    田舎で過疎化しているところは、やり手がいなくて土地が空いている場合もあります。
    ですが、土地にはもちろん持ち主がいて、そう簡単には貸してもらえません。
    そんな場合は、農業協同組合や、役場に農業するための土地を探していることを話し、相談に乗ってもらうと良いでしょう。
    過疎化の進むところでは、農家の後継ぎがいなくて困っているところが多いようです。
    そのような農家に継承者として雇ってもらうことが一番良いのですよね。
    それに、漠然と「農業をやりたい!」と言っても、育てる作物は多種類、存在します。
    自分が作りたい作物を考えて絞り込むことも大切でしょう。
    作りたいと思っていた作物は、住みたい田舎では育てられないというケースもあります。
    場所を妥協するか、作物を妥協するか、と言うことになってしまいます。

      コメントは受け付けていません。