田舎暮らしのトイレ

田舎暮らしで中古物件を探している方もいらっしゃると思います。
新築は高いし、中古なら買えそうだと言う人も多いでしょう。
また、古い民家には味があって、好き、と言う方もいて、わざわざ古い民家を探している方もいるようです。
もちろん、古いおうちは年季が入って素敵ですが、トイレはどうでしょうか?
田舎暮らしのトイレの形式、これは都会の人にとって大問題です。
都会では洋式便座で水洗トイレがあたりまえですよね。
ですが、田舎はまだ汲み取り式トイレが多くあります。
この汲み取り式は臭いがひどいですよね。
夏などアンモニア臭がこみ上げてきてトイレの周りまで臭いがします。
また、虫もわきますし、悩みは尽きません。
物を落としたら最後です。
携帯などポケットに入れておいたら大変です。
また、汲み取り式便所の下を見ると、なんだか落っこちてしまいそうな怖さを感じます。
子供は特にそうです。
田舎のトイレは下が広いですから、怖くて入れないという子供も結構いるでしょう。
中古物件を探している方、特にお子さんがいる場合、トイレに一回入ってみたら良いと思います。
お子さんが大丈夫で、家族で問題ないのなら、汲み取り式のトイレもいいのではないかと思います。
もし、水洗トイレにするには、更にお金がかかりますし、トイレまで水が引かれてない場合、水道もそこまで引いてこなければなりません。
また費用もかさみます。
たかがトイレ、されどトイレですよね。
日々、お世話になるし、頻繁に使う場所ですから気持ちの良い場所にしたいですね。

コメントは受け付けていません。