田舎暮らしのメリットその3

家族で田舎暮らしをするとしたら、お子さんが通うことになる学校はどうでしょうか?
学校にもよりますが、田舎の学校は、だいたいが家から遠くて、しばらく歩かなければならないところもあるでしょう。
通学に30分以上かかるところも多いようですね。
子供にとって、この通学路の長さと時間がデメリットになるでしょう。
寒い時期に30分も歩くことは辛いかもしれませんからね。
しかも、都会はそんなに離れた学校には入学できませんから、今までは歩いてもせいぜい15分くらいでしょうか。
ですが、田舎の学校に通うメリットもあります。
行き帰りの道は、もちろん、自然がいっぱいで、楽しい通学路になることは間違いありません。
お庭になっている柿を頂いたり、栗をひろったり、おたまじゃくしを捕まえたり、道草が沢山できます。
通学路にはいろいろな遊びが待っているのです。
教室にいる生徒もそれほど多くないので、1人の先生が教える人数が少なくなりますね。
40人を先生が1人で見ている授業と比べて、どちらが丁寧に教えてくれるかといえば一目瞭然でしょう。
田舎にいたら、ゲームセンターはありませんから、お子さんがそこへ遊びに行けないことがデメリットでしょう。
ですが、家でゲームをやれば良いですよね?
インターネットも繋がるでしょうから、通信で対戦も出来ます。
田舎暮らしをしているからと言って、社会から取り残されるわけではないのです。
子供はその辺が不安なのかもしれません。
もちろん、ゲーム以外の楽しい遊びは田舎暮らしには沢山ありますから、心配はいりません。
都会で暮らしていた時はゲームを手放せないくらい好きだった子供も、外遊びが好きになるといいですよね。

コメントは受け付けていません。