田舎暮らしの助成金続き

    例えば、田舎暮らしを始めるための資金計画、みなさん、どのように考えていますか?
    自分なりの資金計画、それぞれ、みなさんお持ちだと思います。
    田舎暮らしにかかる費用を、全額、自分の貯金でなんとかなる人もいらっしゃるでしょう。
    また、新たにお金を借り入れて、田舎暮らしの資金にする人もいるでしょう。
    特に、田舎に引っ越して、新しくお店を開くなど、新たな事業に取り組む方は、お店にかかる費用も大変ですよね。
    お店を始めてからの収入をあてにして、お金を借り入れる人もいらっしゃると思います。
    農業を始めたいと思っている人は、農地の購入にも多額のお金がかかりますよね。
    もし、あなたが田舎暮らしのためにお金を借ることを考えているとしたら、ここで、ぜひ活用してほしいことがあります。
    それは、自治体が行っている融資です。
    田舎の役場では、新たに田舎暮らしをしようとする方を助けるため、低金利の融資制度があります。
    また補助金制度を設けているところもあります。
    村や町は、過疎化の問題を抱えている地域も多く、高齢化が進んでいる地域も沢山あります。
    ですから、新たに移住してくる人たちを歓迎し、応援してくれるのです。
    例えば、家を格安で売ってくれたり、土地を格安で貸してくれたり、補助金を出してくれたりと、助成金制度もあるのです。
    このような制度があるのに使わない手はありませんよね。
    もし、田舎暮らしをする候補地が決まっているのでしたら、その自治体に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

      コメントは受け付けていません。