療養泉について

温泉に浸かることは身体に良いとされていますが、特に「療養泉」に分類される温泉があります。
「鉱泉分析法指針」の定義によりますと、「鉱泉」に該当するもののなかでも、特に医療的な効果が期待できるもの、治療目的に利用されるものを「療養泉」と呼び、含まれる温泉成分についても特別に規定しています。
【療養泉の定義】
泉温の温度が摂氏25度以上、または、次の8種類の成分のいずれかが、規定量(1kg中)以上に含まれること。
・溶存物質の総量(ガス性のものを除く) 1000mg
・遊離二酸化炭素 1000mg
・銅イオン(Cu2+) 1mg
・総鉄イオン(Fe2++、Fe3+) 20mg
・アルミニウムイオン(Al3+) 100mg
・水素イオン(H+) 1mg
・総硫黄(HS-、H2S、S2O3–に対応するもの) 2mg
・ラドン(Rd) 111Bq (Bq=100億分の1キュリー単位)以上(8.25マッヘ単位以上)
かつての「鉱泉」の最も重要な特徴は、人体に作用し、病気の治癒効果を持つことでした。
昭和23年に温泉法が定められると、療養泉の規定成分を含まない温泉の存在も認められるようになりました。
温泉成分は含むため常水とは異なりますが、医療的効果が不明という温泉です。
これらは、療養泉としての資格は与えられませんので、泉質の表示もできないことになります。
療養泉として認められますと、都道府県知事の判断を得て、「適応症」についての掲示をしても差し支えないとされています。

コメントは受け付けていません。