眠気を覚ます方法

お出かけした帰りに、交通渋滞から開放されて、もうすぐ家だと安心してしまい、信号待ちでウトウト・・・という経験はありませんか?ドライブの途中に睡魔が襲ってきたときの対処法を紹介します。
どうしても眠気に勝てないときは、やはり仮眠をとるのが最も良い方法でしょう。寝る時間があまりないという人は、効率よく仮眠を取る方法を覚えておきましょう。どの程度眠ればスッキリと目が覚めるかは個人差があり、15分で良い人もいれば1時間は必要という人もいますが、脳を覚醒させるには20分前後の仮眠が良いと考えられています。また、仮眠から起きてすぐは、判断力などが一時的に低下しているので、起きた直後に出発すると危険です。仮眠後は、車から降りて体を軽く動かしたり、売店などの明るい場所へ行ったり、顔を洗ったりして、眠気を完全に覚ましてから出発しましょう。
ガムを噛む人も多いと思いますが、噛むというあごを動かす行為は脳を刺激するので、眠気防止に効果的だと考えられています。また、覚醒効果のあるカフェインなどが含まれた“眠気防止用ガム”も、サービスエリアなどで販売されています。
コーヒーやお茶などを飲んで目を覚ます方法もあります。これらの飲み物にはカフェインが含まれており、覚醒効果が期待できます。
顔を冷たい水で洗う人も多いでしょう。でも、一時的には目が覚めますが、その効果は長続きしないので、交通渋滞が長く続いているときは有効とは言えません。他の方法と合わせましょう。

コメントは受け付けていません。