着物と季節

日本には四季がある国です。春夏秋冬があるお陰で1年間に色んな季節を経験する事が出来ます。そしてその季節毎に着る着物も違ってくるのです。
例えば冬の季節に着る着物ですが、生地も重ね着でも温かくする事が基本で、コートを羽織ったりショールを巻いたりするスタイルが基本的な物になります。これにより温かくして出掛ける事が出来ます。
次に、夏の季節に着る着ものですが、冬とは対照的に涼しげな感じで着る事が基本になります。生地も冬場と比べれば薄い物が多く、中には透ける様な感じの生地も有ります。これにより着ている人はもちろん、見ている人も涼しい感じの気分になると思います。
こうしてみると、着物にも洋服と同じ様に夏物、冬物と有ると言うのがお分かり頂けるでしょう。
着物の世界では「袷(あわせ)」と言われている時期があり、秋物・冬物・春物(つまり夏物以外)を表している言葉になります。月で表すと10~5月と言う感じと言えるでしょうか。
残っている夏の時期の事を「単衣(ひとえ)」と言います。月で表すと6~9月になります。夏はその中でも単衣と盛夏(せいか)と言う時期に分けられているそうです。
単衣と表している着物は、初夏・初秋にあたる6月と9月で、この時には透けない感じの着物を着ます。透ける感じの着物の場合には2枚重ね合わせて着る事でこの季節に着るとベストになります。
真夏にあたる7~8月の盛夏の時期には透ける素材の生地を使った着物を着るといいでしょう。絽や紗、麻の着物でも良いと思いますよ。

コメントは受け付けていません。