着物の収納

着物を着るには収納の事もきちんと考えておかなくてはいけません。きちんと収納することによって着物を長持ちさせ、いつまでもキレイに保存する事が出来ます。
着物を陰干しした後、シミが付いていないかどうかを確認します。もしシミが付いている場合にはクリーニングでシミ抜きをしてもらう様にしましょう。そうしてキレイな状態に仕上げます。
着物をキレイにしたら、帯と一緒にキレイにたたんで、着物、帯、それぞれを文庫と言う専用の紙(たとう紙)に包んで平たい引き出しに収納していきます。何枚も着物が有る時には重ねる様にして収納すると良いでしょう。収納する時に使う文庫には、着物様な帯様などサイズがそれぞれ有りますので、合っている物を使う様にしましょう。
次に、収納した着物達は次に着るまでそのままにしておくのではなくて、たまに虫干しをしておくと良いでしょう。湿度が低いカラッとした日に、タンスから着物や帯を出して陰干しをしましょう。陰干しが面倒ならばタンスを開けてしばらく空気の入れ替えをするだけでも良いと思います。
次に収納する時には防虫剤も欠かせません。防虫剤を使う時には洋服用の物ではなくて着物専用の防虫剤を使う様にしましょう。おく場所はタンスの四隅に紙に包んで置くと着物を傷ませなくて済みます。着物の上に直接置いてしまうと、稀にですが変色する事がありますので直接置かない様にして、防虫剤の注意書きをよく読んでから使う様にすると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。