着物の歴史とは

着物が着られる様になった最初の頃の着物とは、太めのズボンみたいな物と、上は丸首タイプで左を上にして合わせる物と組み合わせて着ていたと言われています。たとえば埴輪の様な物と言ったらイメージ付くかもしれません。
女性の着物も男性とあまり代わりは有りませんが、下はスカートの様な物を着ていた。と言われています。
帯も最初は今みたいな物ではなく、賎機と言う物で結んでいたそうです。
元々は朝鮮や中国の文化に高い影響を受けた着物スタイルでしたが、平安時代に入り十二単の様な、袂も広がってきたり、裾も広がってきたりして今の原型とも言える着物の形が出来上がってきたそうです。
それが鎌倉時代に突入すると、公卿(くげ)の中でも一番低い身分の人達が着ていた着物を、武家が最高の礼服として着るようになりました。更に女性達の着物もだいぶ簡略化されるようになり、袴になったり腰巻になったり湯巻きになったりと大分活動もしやすい様な格好になったと言われています。この時に打ち掛けと言って、小袖の上にもう少し丈が長くなった小袖を羽織る様な感じの物も出てきたと言われています。
そんな変遷を辿ってきた着物も、安土桃山時代、江戸時代になると豪華絢爛な物が出て来る様になったそうです。小袖部分の袖口が大きくなった物、袖丈が長くなったもの、模様や色彩も色鮮やかに工夫されてきました。また生地も羽二重になったりして豪華さの極みに達する様になったそうです。
それが歌舞伎の影響も受けての事らしくて、歌舞伎で使われた着物の模様や色彩が大流行したとも言われています。

コメントは受け付けていません。