着物の種類【紬】

着物には「紬(つむぎ)」と言われている種類が有ります。
紬を着るのは本当の着物好きだと言われる位、紬には個性を豊かに表現する事が出来る、おしゃれ着物としての位置付けが有ります。
紬は「先染め」で作られている着物が多いです。「先染め」とは糸の状態から色を染めて、それから反物にすると言う物です。ですから、紬に付けられている模様は、生地に直接模様を染める小紋や訪問着の様な物ではなくて、色糸を使って織って表現する織柄と言う事になります。
しかし、紬は先染めの物だけではなくて、「後染め」と言って糸を反物にしてから染めると言う物も有ります。
昔は紬と言う物は繭糸で商品化出来ない物を使って作られていた物だと言われています。ですから普段着と言う位置付けでいたそうなのですが、最近になって紬を作る伝統技術の高さからおしゃれ着、社交着という位置付けになってきたそうなのです。
紬は通常、産地の名前が付けられている事が多いです。紬糸は真綿を紡いで糸にしたものになり、結城紬を筆頭にして多くの紬が紬糸を使って織られて作られています。しかし紬の中でも大島紬や黄八丈は絹糸を使って織られています。
区分けとしては、機械を使って紡いだ紬は普段着として使って、手を使って紡いだ紬はおしゃれ着として使うのが良いのではないかと思います。
紬を着る時に使う帯は、金銀が入っていない物を使うのが良いと思います。染め帯を使ってしまうと雰囲気が柔らかくなります。袋名古屋帯を使うとカジュアルな感じになりますので、帯を用途によって使い分けて着るとオシャレも楽しめて良いと思います。

コメントは受け付けていません。