競馬場での観戦方法

競馬場に観戦に行く場合は、まずどんな席があるかを事前に確認しておきましょう。
競馬場には、有料席と無料席があります。
まず無料席ですが、スタンド一般席、スタンド前、第4コーナーの生芝に関しては、特に許可なく無料で入る事が可能です。
オススメなのはスタンド前や生芝。
かなり間近で観戦できるので、凄い迫力です。
初心者の方がそこで観戦すると、思わずへたり込んでしまうかもしれません。
65歳以上の方はシニア席での無料観戦が可能です。
ただし、整理券を入手しなくてはなりません。
一方、有料席はいわゆる指定席となっています。
無料席となるスタンド一般席などは、少しでも早く競馬場に足を運んで場所取りを行う必要がありますが、指定席であればその必要はありません。
競馬場の主な指定席は、C席、B席、A席、S席です。
C席が一番安く、S席が一番高い席になっています。
S席でも3,000円なので、それほど高くはありません。
人混みが苦手という人にはオススメです。
また、車椅子専用の指定席もあります。
こちらはC席、B席、S席のみです。
値段設定は若干一般指定席とは異なります。
基本的に、中央競馬場は入場料が必要です。
値段は競馬場によって微妙に異なり、東京、中山、京都、中京、阪神競馬場では200円、函館、札幌、新潟、福島、小倉競馬場では100円となっています。
一般席などは無料で観戦できますが、競馬場に入る時に入場料は必要です。
ただし、競馬が開催されていない日には入場料はかかりません。

コメントは受け付けていません。