筋肉の健康状態は大丈夫ですか?

筋肉を定期的に調節する方法。
筋肉を鍛えたら2~3日は筋肉痛になることがあるようです。
その筋肉痛について自分からセルフケアをほどこして痛みを改善するためのアイテムに「ラクパスローション」というものが1個だけありました。
これはラクパスを紹介する話では無くて私の経験を説明しているのですが、わたしはラクパスを両肩に塗った時に調節するつもりでしたが、効き目が強すぎたのか両肩の筋肉を調整するどころか身体全身が思うように動かずに一気に肩の力が抜けてしまいました。
この例のようにして筋肉を休めたり冷却したり調節するなら「休息」と「入浴」によってゆっくりとほぐしながら明日の筋トレを続行しても大丈夫かどうかを考えましょう。
それで大丈夫ならば続けてもいいです。
わたしは筋肉痛のなかでさらにランニングに挑戦しました。
ランニングに挑戦して走り続けていると筋肉痛が楽になってきました。
それが、結局は筋肉痛が治ったのではなくて「裂けるような痛み」として跳ね返ってきたのです。
A、筋肉痛の時は筋肉を少し休めてからメニューを変えずに同じトレーニングを繰り返す
B、筋肉が正常な時はそのままトレーニングを続行してください。
この2つのうちの1つを選ぶことになりますが、ランニングの次のひは水泳にするとかフィットネスジムの次の日は屋内ラウンジで体をほぐすとか工夫をしてランダムなパターンとメニューにも耐えられる健康な体を作っていようにしましょう。

コメントは受け付けていません。