筋肉を維持するためにも工夫は必要です

病気と闘う人にもできる筋肉のつけかた。
不意に病気になって自分が動けなくなっていることはありませんか。
病気だからといって運動も食事も外出もできないとショックを受けている人もいるかもしれません。
それは、「筋肉」の調子から来ているだけかもしれません。
しんどいとか、抑うつの気がするというのは「筋肉と肉体」からきているだけなのです。
案外こうぞうは単純でして「筋肉の中にある記憶」から症状は悪化します。
筋肉は運動したときの気持ちと声や言葉も記憶するほど精密にできています。
ラケットを持ってバドミントンをしてみると腕の筋肉や背筋が回復してきます。
1.重たいものをもって移動したり部屋の片付けを積極てきにしてみる
2.ベンチプレスを利用する
3.バーベルを使いながら腹筋と腰の筋肉を鍛えなおしていく
この3つを繰り返して筋肉を徐々につけることは可能です。
(しかし個人差があります)
自転車を使った運動と移動を繰り返して太陽の光にあたることで全身の筋肉に
信号がいきわたってたるんでいた身体が元通りになっていくこともあるようですから、
体力トレーニングと日常の外出運動を繰り返してみると回復します。
バーベルが持てるようになったら筋肉がついた証拠です。
ほかにはペットボトルに水をいれて重量を増やして持ち上げるトレーニングが
一般的には用いられているようなので2~3ヶ月で多少の筋力をつけることはできます。
肝心なのは、「栄養をとっていること」です。栄養で筋肉がつくのですから、栄養がないと
筋肉はつきません。

コメントは受け付けていません。