糖尿病にもコラーゲンを

糖尿病になってしまうと、網膜や神経に障害が出ることは知られていますよね。
糖尿病事態も怖い病気ですが、その合併症も心配されています。
また、合併症で骨がもろくなることは、知らない人が多いようです。
糖尿病になってしまった人は、些細なことで骨を折るケースが多発しています。
女性より男性のほうが骨折は多いようです。
ですから、糖尿病と骨粗鬆症は深い関係があると思われています。
骨粗鬆症は女性のほうが男性よりもなりやすい病気です。
骨量が少なくなり、骨密度が低くなります。
そして、高血糖の場合、骨密度が正常であっても骨がもろくなってしまうケースもあります。
骨の中は、コラーゲンと、カルシウムをはじめとしたミネラル成分で形成されています。
骨粗鬆症か、どうか判断するため、骨密度を計りますが、これは、骨の中のミネラルの量を測定するのです。
このミネラルを結合させる役目をしている成分がコラーゲンです。
高血糖状態がしばらく続きますと、コラーゲンの質が悪化して、骨の強さがだんだんと、なくなってしまいます。
骨量を計った結果、それが多かったとしても、安心は出来ません。
なぜなら、それらを結合させているコラーゲンが悪くなっているため、結合する力が弱く、骨も弱くなるのです。
糖尿病で行われる食事療法や、食事制限で、カルシウム、コラーゲンなどの量が十分に取れないことも原因とされています。
例えば、食べ物では、納豆、おからなどと一緒にコラーゲンを含む料理を食べると、骨粗鬆症の予防に繋がります。
このように、糖尿病の人は、食べ合わせを少し工夫して、骨粗鬆症を防ぐことが大切です。

コメントは受け付けていません。