肩こりに効果的な整形外科

    これまで、鍼灸や、あん摩・マッサージ、整体など東洋医学を元にした治療のご紹介をしてまいりました。
    本日は西洋医学の分野で肩こりを解消してくれる形成外科のご紹介です。
    東洋医学というのは基本的に、炎症の元となっている原因を探り出し、その部分を治療してゆくという方針をとっていますが、西洋医学は、痛んでいる部分に直接働きかけ、出来るだけ迅速に痛みを取り去るという方針をとっています。
    ですから、各々の症状に合わせて治療法を選ぶことが大切です。
    ひどい肩こりを完治させるには、原因部分からの対処が必要であると思われますが、頭痛や吐き気まで感じるような辛い症状でしたら、すぐにでも痛みやこりを解消したいと思うのも当然です。
    そのような時には整形外科が良いと思いますよ。
    少し前の記事ですが、トリガーポイント注射と、神経ブロック注射のご紹介をいたしましたね。
    それらも、整形外科での治療となります。
    一般的に整形外科での治療というのは、湿布や電気療法、リラクゼーションやマッサージなどの運動療法、そして注射による治療です。
    東洋医学では治らないと言って整形外科に来られるかたもいれば、整形外科では治らないと言って東洋医学へ心変わりするかたもいらっしゃいます。
    なにが原因で肩こりになっているかで、合う治療法も変わってきますから、ともかくどちらかの治療法を試してみてください。
    肩こりが軽いかたは、病院へ行く前に肩こり解消グッズや毎日の入浴、ストレッチなどをしばらく続けてみてください。
    お手軽な方法であっても、毎日続けることで効果が感じられるはずです。
    1日も早く、あなたの肩こりが完治しますよう、お祈り申し上げます。

      コメントは受け付けていません。