肩こりに効果的な湿布

何回かにわたり、肩こり解消のためのグッズなどを色々と紹介してまいりましたが、昔から肩こりというとやっぱり湿布が一番だろう・・・という声が聞こえてきそうですね。
実際、肩こり解消グッズが何種類も開発されてきたのは、ごくごく最近のことであって、一昔前まで肩こりというと湿布で解消するのが当たり前のようなものでした。
現に今でも、肩こりに湿布を貼るかたは多いと思います。
ところでこの湿布、冷湿布と温湿布の2種類がありますが、これらの違いをご存じでしょうか。
一般的に冷湿布の人気のほうが高いのですが、冷湿布も温湿布もともに患部の血流を促すものですので、実のところそれほど大きな差というのはありません。
肩こりの場合、寒い時期には温湿布、暑い時期には冷湿布というように使い分けるなど、お好みの方をお使いになれば良いのです。
一般的には、温めて血流を促した方がこりが和らぐと言われていますから、その観点からすると温湿布の方が良いかもしれませんね。
しかし、どちらが良くて、どちらが駄目ということはありませんから、どちらでもお好きな方を使えば良いと覚えておくと良いでしょう。
ただし、ぎっくり腰など突然ある部分を痛めたりした場合には、患部に熱を持つ場合がありますから、そういうような場合には温湿布を避けて冷湿布を貼るようにしてください。
熱を持つような炎症には冷湿布と覚えておくとより安心です。
近頃は、インドメタシンなどの成分が入った消炎効果や鎮痛効果の高い湿布が発売されています。
そのようなものも併用しながら、上手に使っていきたいですね。

コメントは受け付けていません。