肩こりに効果的な漢方薬

    肩こりは、ひどくなると本当に辛いものですから、サプリメントや肩こり解消グッズを使用しても中々改善しないかたは、漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。
    漢方薬の中には、肩こりに効き目のあるものがいくつもあります。
    本日はその一部をご紹介しようと思います。
    まず、漢方というのは「気(き)・血(けつ)・水(すい)」という考えからなっているのですが、たとえば肩こりであれば、生命のエネルギーであるとされる気がスムーズに流れていないために起こると考えたり、もしくは、血液の循環が滞っている「お血(おけつ)」という状態のために起こると考えたりします。
    そうして、気の流れをスムーズにする薬や、お血状態を解消するための薬を使用するのです。
    漢方薬を購入する場合には、もちろん漢方薬局で相談をし、漢方薬剤師のかたに最適な薬を選んでもらうことになりますが、一般的に肩こりの場合で気が問題になる場合には、大柴胡湯(だいさいことう)、小柴胡湯(しょうさいことう) 、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう) 、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)などという漢方薬が用いられます。
    また、お血のほうが問題であった場合には、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などという漢方薬が用いられます。
    漢方の診察では、直接的に、ご自分の症状とは関係ないような診察もするのですが、これらはすべて、肩こりの元の原因部分をつきとめるのに必要な診察です。
    そして、肩こりが慢性的であれば、薬を服用する期間もそれだけ長くなることを覚えておいてください。

      コメントは受け付けていません。