肩こりに効果的な神経ブロック注射

前回は、肩こりの治療のひとつとしてトリガーポイント注射という注射のご紹介をいたしました。
しかし、トリガーポイント注射は稀に効き目のないかたもいらっしゃるというお話もいたしましたね。
そのトリガーポイント注射でも効き目がなかったかたに、さらに強力な神経ブロック注射という注射があることをお伝えしたいと思います。
この注射は、名前のとおり、痛みを感じる神経をブロックして、痛みを感じなくさせるための注射です。
どのようにブロックするかといいますと、注射によって局部麻酔薬を注入するのです。
麻酔薬が効いている間、痛みは消えますが、麻酔薬が切れると痛みがぶりかえす場合には、間隔をあけて神経ブロック注射をし、炎症をおさえて痛みを起こしにくくします。
このように書きますと、単に、一時的に痛みを消し去る注射のように思われるかもしれませんが、実際のところはそうではなく、間隔をあけながらでも継続的に行うことで肩こりの痛みが徐々に改善されてゆくものです。
しかし、実際には誰もがそのように改善されるわけではないという説もあります。
やはり、100人が100人、ブロック注射で完治するわけではないようです。
ですが、痛みのひどいかたは、試してみる価値はあると思います。
神経ブロック注射は、本来、肩こりだけの治療法ではありません。
頭痛や顔面痛の治療などにも用いられます。
交感神経を休めることによって良い効果が期待できる病気などに最適な治療法と言われています。

コメントは受け付けていません。