腸内洗浄で使われている液体

腸内洗浄では腸内に液体を入れて洗浄をします。その使われている液体について説明してみます。
先ず液体の温度ですが、温いお湯(人肌よりも少し温め)が良いです。決して冷たい水は使わないようにしましょう。腸内に冷たい水が入ると腸が冷えてしまうと言う理由の他に、様々な病気を引き起こしてしまう可能性が有るからです。
また、使われる液体もお湯だけとは限りません。最も一般的なのはコロンキットやコーヒーエネマで使われる様なコーヒー浣腸です。
「コーヒーを体内に入れて大丈夫なのかな」なんて思う方も多いでしょうが、大丈夫です。コーヒーの成分にはカフェインやテオフィリンと言う成分が含まれています。この成分が腸から吸収される事によって、胆管が広がります。そうすると、肝臓の働きが活発化されて今まで以上に毒素や老廃物を体外に排出させてくれる様になるのです。
コーヒーには凄い力が有るのは分かったと思いますが、勘違いしてはいけないのがあくまでも浣腸で腸内に直接入れた場合に限ります。口から飲んで体内に入れても効果は有りません。また、使うコーヒーも市販されている豆で作ったコーヒーや、缶コーヒー等は使わない様にする事も大事なポイントです。これらには何が含まれているか分かりません。腸内に直接入れる事によって刺激物と化し、場合によっては感染症を引き起こしてしまう可能性もありますので、注意しましょう。
使うのはキットを購入する際に、腸内洗浄用のコーヒーとして販売されているオーガニックコーヒー等が良いと思います。

コメントは受け付けていません。