腸内洗浄と細菌の関係

    人間の腸内には300種類で100兆個以上と言われている腸内物質が棲んでいると言われています。腸内にはこれらの腸内物質(細菌)の他にも食べた物の残りカス、宿便と言った老廃物も有ると言われています。
    腸の中に棲んでいる細菌には何種類か有って、その中には善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌等)と言う健康にとても役立つ菌がいます。逆に悪玉菌(大腸菌やブドウ球菌等)も棲んでいて、これらは病気の原因や老化の原因になると言われています。また、善玉菌や悪玉菌両方の役に立つ様な菌(日和見菌)もいるのです。
    悪玉菌が腸内に棲んでいるから、腸内が病気になると言う訳では有りません。全てがバランス良く共存しているから健康が保たれていると言う事が有ります。しかし健康面が低下してきて免疫力や抵抗力等が下がってくると、両方の味方だった日和見菌が突然悪玉菌だけの味方に変わってしまうのです。こうなると悪玉菌の活躍が腸内で活性化してきて腸内の働きが弱まってくる事になります。ですから便秘になったり肌荒れが生じたりする様になってくると言う事なのです。
    悪玉菌が活性化すると、腸内にある水分が吸収されない事になってしまい便秘になってしまったり、宿便が出来たりしてしまうので、悪玉菌が活性化しない様にする必要があります。そこで活躍するのが腸内洗浄です。腸内洗浄で腸内をキレイにする事によって便秘が解消されたり、善玉菌が増えたりしますので腸内の働きが正常化する事になります。
    ですから、健康を維持する為にも腸内洗浄はしても良い物なのです。

      コメントは受け付けていません。