腸内洗浄について

    腸内洗浄とは腸の中を洗浄して、中に溜まっている便を体外に排出させる事を指しています。
    方法は、腸内洗浄用のチューブを肛門から刺し、薬品を中に入れて腸内をキレイにすると言う方法です。
    日本では「腸内洗浄」と言う名前で呼ばれていますが、海外では「コロンハイドロセラピー」とか「コロニクス」と言う名前で呼ばれています。
    腸内洗浄を行う目的として、便秘等の理由で腸内に便が溜まってしまった場合、毒素が発生してしまう可能性が有ります。毒素は便が腸内に5時間以上溜まってしまった場合に発生する可能性があり、逃げられない毒素が体内に吸収されてしまうと様々な症状を引き起こす原因になってしまいます。そういった状況を腸内洗浄にて除去するのが目的です。
    便が腸内に溜まってしまう原因としては、食生活が乱れていたり、ストレスが溜まってしまったり、加齢によるものだったりして腸内バランスが乱れてしまう事によって、便秘がちになってしまう事が挙げられます溜まってしまう便の中には、食べた物で消化しきれなかった物や、細菌、細胞の死骸等が含まれています。こう言った物が体内に吸収されてしまうと、便秘やお腹がポッコリ出てしまうとか、肌荒れが起きてしまうとか、体臭や口臭が強くなるとか様々な症状が引き起こされる事になります。最悪、腸の病気まで引き起こしてしまうかもしれません。それらを腸内洗浄する事によって解消に導いたり、予防したりする事が出来るのです。
    現在では病院で行うほかに、自宅でも出来る様なキットやサプリメントが有りますので、調べてみて利用してはいかがでしょうか。

      コメントは受け付けていません。