腸内洗浄に水道水を使ってはいけません

腸内洗浄は病院だけでなく、自宅でも出来る療法ですが、自分で自宅で腸内洗浄をやるのであれば、やってはいけない事をきちんと把握しておく必要が有ります。
家庭用として市販されている腸内洗浄キットが有りますが、このキットの謳い文句として「水道水を人肌にしてから使う事が出来ます」と書かれてある物が有ります。
しかし、腸内に水道水を入れる事はとても危険なのです。だから絶対に使用してはいけないのです。何故かと言うと、水道水には塩素やカルキと言った物質が飲用として使用する為に消毒用として含まれています。
世界中の中でも日本の水は直接飲料水として使う事が出来る珍しい水です。しかし、日本の水道法で定められている内容では、残留塩素が0.1PPM以上無くてはならないと言う決まりが有ります。
この「以上」と言うのが曲者で、上限が有りませんので好きなだけ残留させて構わないのです。
たくさん残留させる事で、良質な水道水になると言うなら話は別ですが、水道水には汚染物質も少なからず混ざっていますので、最悪の場合、汚染物質と残留塩素が化合してしまって発ガン性物質(トリハロメタン)が発生してしまう可能性があり、健康を損なう危険性が出てきます。
また、水道水の元の水がかなり汚染されている場合、どんな汚染物質が混入されるかも分かりません。
そんな水道水を腸内に入れると言うのは、水分を吸収しやすい大腸にとってはとても危険な事であるのが分かります。ですから、腸内洗浄には水道水を絶対使用しないように注意しましょう。

コメントは受け付けていません。