腸内洗浄の行い方

    一言で腸内洗浄と言っても、どんな方法で行われるのか手順を知っている人はあまりいないと思います。方法を知っていると実際に受けるとしてもあまり不安要素が無く安心だと思います。
    ここでは医師が行う腸内洗浄のやり方について説明してみましょう。
    先ずは腸内洗浄を行う前には予めトイレに行っておき、出せる物は出しておく様にします。ベッドに横たわり診察を開始します。腹部を触診で診察し、問題が特にないようであれば直ぐ腸内洗浄に入ります。
    実際の腸内洗浄ですが、挿入管と呼ばれている管を肛門から入れます。この時力を入れる人が多いので、楽にして身体から力を抜く様にすると、スムーズに管が入って行きます。
    挿入し終わったら仰向けになって、そこから温水を注入して腸内の中に入れていきます。この時に腹部をマッサージして腸内の動きを少しでも活発化させる様にしましょう。そして腸が温水でいっぱいになった状態が、腸内を洗浄してくれる様になるのです。これで宿便等も腸壁から取れるようになります。
    そして暫くしたら温水を体外に排出します。この時腸内にある老廃物や宿便も一緒に排出される事になります。
    気になる施術の所要時間ですが、大体30分位かかると見てもらって良いでしょう。この腸内洗浄は通常では1回に2回行われる事が一般的な様です。
    管を挿入するとき、温水を注入する時等身体が硬くなる人が多いです。美しさを手に入れる為、身体の為と思って、出来るだけリラックスする様な形を取る様にしましょう。

      コメントは受け付けていません。