贈り物マナー

意外にみなさん頭を悩ませるのが転勤する人への贈り物選びと贈るマナーについてです。
転勤される方にいつまでにどのような贈り物をするのがいいのでしょうか。
贈り物選びのポイントとマナーを見ていきましょう。
転勤の場合、栄転祝いを贈ることになります。
餞別に関しては、現金でも何か品物を渡しても構いません。
品物を用意する場合には、引越しの荷造りが終わってしまう前までに用意して渡せるようにしましょう。
後から渡すと相手の荷物になってしまいます。
どうしてもそれまでに渡すことができなくて、出発当日の見送りの日などに渡す場合はかさばる品を贈るのは避けましょう。
当日になってしまう場合は、やはり現金が一番喜ばれるようです。
しかし一番いいことはやはり事前に贈り物を渡しておくということです。
転勤の贈り物で餞別を贈る場合、その相場としては一番多いのが三千円です。
次が一万円、その次が五千円となっています。
親戚の場合など身内関係の場合は、一万円~二万円程度渡すようです。
転勤祝いの表書きは「お餞別」「御餞別」と書きます。
転勤の贈り物を品物にするならば、記念となるものがいいです。
転勤によって引越しもしなければならない場合、引越しの挨拶は1週間前~前日までにしておきましょう。
引越しの挨拶の際に何か配る必要はありません。
しかし特別にお世話になった人などには何か贈り物をするといいと思います。
引越し業者へのお礼も忘れずに用意しておきましょう。
業者1人あたりに千円~二千円程度です。
人数が多い場合はチーフにまとめて五千円程度渡します。
この場合の表書きは「寸志」と書きます。

コメントは受け付けていません。