赤ちゃんの便秘

子供よりもさらに小さい赤ちゃんの便秘についてはどうしたらいいのでしょうか。
そもそも赤ちゃんが便秘というのは何日くらい便を排泄していないとそう判断するのでしょうか。
赤ちゃんによりますが、通常2,3日排便していなくても赤ちゃんが元気で機嫌よく過ごしていれば大丈夫です。
しかし、4,5日目となって親のほうがだんだん心配になってくるようであれば、刺激してあげるといいと思います。
まずはお腹を軽くおしたりさすってマッサージをしてあげます。
それでもだめなら次に綿棒にベビーオイルなどをつけて肛門に軽く綿棒を挿入して刺激します。
あまりやりすぎないようにしましょう。
赤ちゃんの便秘が起こる原因の大半は水分不足によるものだそうです。
水分補給は白湯や糖水、お茶やベビー用のジュースなどがいいです。
完全母乳でミルクを与えている場合は、お母さんの食生活についても見直してみましょう。
その他にも赤ちゃんの生活リズムの改善も必要です。
朝は決まった時間に毎日起きるようにします。
お散歩に行って体を動かすようにします。
お風呂に入ってお腹を温めて体をリラックスさせてあげます。
おっぱいやミルクは定期的にあげるようにします。
食事のバランスも考えてあげるようにします。
夜の就寝時間も決まった時間に毎日寝かすようにします。
ひとつ注意しなければならないのは、乳幼児期からずっと便秘が続く赤ちゃんに関しては病気の可能性もあります。
腸がぜん動運動をすることができずに腸から肛門に便を送ることができずに腸閉塞の症状を起こしてしまうのです。
あまりに続いて心配な場合は、一度専門医に相談してみるといいと思います。

コメントは受け付けていません。