転勤とは

「転勤」についてご説明します。
「転勤」は、働いている労働者を雇用者側が同じ会社内の別の勤務地へ配置転換することです。
「転勤」を労働者へ通達するには基本的には雇用者側には転勤させる理由が必要となります。
しかし多くの場合は、雇用者側に転勤、異動のような人事権を認めることが会社の就業規則などにあらかじめ明記されていることが多いです。
転勤は何の理由もなく行うものではありません。
ほとんどの場合が次のような理由で、会社の業務遂行のために必要と判断して転勤を指示するのです。
まずは、労働者本人の能力開発のため。
また後輩を育成するためだったり、人事面で社内の活性化をはかったりするためだったりします。
他にも長年同じ仕事ばかりしていると、マンネリ化してしまい職務怠慢にならないようにするため。
地元企業との癒着など取引先と不正をしないようにするためでもあります。
他にも勤務地全てが生活環境のいい場所とは限りません。
暮らしにくいへき地もあるはずです。
そのような場所に働いている人にずっと同じ人が働いていなくて済むように定期的に転勤させて交代するのです。
転勤を命じられた労働者は基本的には転勤を受けなければなりません。
しかし通常では考えられないほどの不利益を被ることが明らかな場合については転勤を拒否することができます。
例えば扶養している家族の介護をしなければならず、どうしても転居をすることができない場合など特別な事情がある場合に限られます。

コメントは受け付けていません。